知っておきたい大和市の葬儀の特徴

大和市でも葬儀が行われていますが、人によっては頻繁に参列したり、利用する機会が少ないばかりに、現状が分かっておらず、不安になってくることもあります。両親が亡くなった後、自分たちが喪主として行わなければならない時に備えて、今から現在の傾向を学んでおくことをおすすめします。市内の傾向だけでなく、全国的に葬式に対する考え方が変わってきている状態です。古いやり方がベースになっているものの、細かな部分では割と違ってきていますから、その部分を知っておくだけでもだいぶ気持ちが楽になるはずです。知る手段としてネットの口コミも良いですが、葬式のサービスを提供する業者のパンフレットや、ウェブサイトも確認すると、傾向がはっきりと分かってきます。

少人数が参列する葬式が現在の主流

従来の葬式では、大人数が参列する傾向がとても強くありました。現在の状況を知らない人だと、あそこまで大掛かりなことをしなければならないのかと心配になるところですが、現在の大和市の葬儀は少人数で行う葬式が主流になりつつあります。昔と比べて子供の数が減っており、親戚との繋がりも薄くなりつつありますから、大人数で集まるよりも、ごく親しい間柄の人たちだけが集まって行われる方法が好まれるようになっています。業者は既にその傾向を察知しており、従来よりもコンパクトな葬式のプランを大々的に宣伝しています。特にインターネットで宣伝している業者の勢力が凄まじいため、一度確認してみることをおすすめします。インターネットの業者は全国対応のところばかりですので、地域を選ばずに依頼できることが多くなっています。

余計な費用をかけない方法が人気

費用に関しても考えてみましょう。従来の大和市の葬儀だと、100万円ならまだ安い方で、200万円前後の費用がかかることも少なくなかったのが現実です。兄弟が多ければみんなでお金を出し合って何とかなりましたし、たくさん集まった香典で費用をある程度賄うことができました。今では高くても100万円くらいで、大体50万円前後の葬式のプランが人気です。50万円前後のプランは家族葬や一日葬と呼ばれています。少人数で行う家族葬は僧侶を呼ばずに通夜と告別式を行い、食事などは省いた基本的な内容です。一日葬は通夜と告別式を同じ日に実施します。もっと格安なものなら、火葬だけを行う火葬式があります。20万円前後のプランで、ごくシンプルな内容ですが、費用の負担が最も少なく、意外にも需要が高いのが特徴です。

家族葬についてよく知りたい大和市民の皆様へ 東京(町田市、南多摩)・神奈川(相模原市中央区、南区、緑区、大和市)全域で、安心費用でのご葬儀を承ります。事前に総額のお見積りをご提出しますので安心です。 東京(町田市、南多摩)・神奈川(相模原市中央区、南区、緑区、大和市)各地の公営斎場をご紹介いたします。